Skip to main content

New York Hot Line 26




今回は、Galloping Gourmet (h.tamamushi x masahiro hattori )Skype でのチャット対談です。

H.TAMAMUSHI
RED ZONE の写真だね

masahiro hattori
そうだね! 僕はRED ZONE行ってないけど、デビッド・モラレスのこの時期の12inchのミックスの名義には、RED ZONE MIXって入ってたよね!


H.TAMAMUSHI
そうそう 1988に初めてNYに行った時REDZONEにいったんだけど、スニーカーを履いていったら入れてくれなかった (悔)

masahiro hattori 18:13
え? ドレスコード?

H.TAMAMUSHI
なのかね? 服部君はそういうのなかった?

masahiro hattori
ぼくが行ったところは、僕が鈍感なのかもしれないけど(笑)そういうの記憶にないね。

H.TAMAMUSHI
そっか(笑) RED ZONEでのデビッド・モラレスのDJ描写を故今野雄二さんがミュージックマガジンで書いてたね!
ターンテーブルとSEXしてようなで始まる...

masahiro hattori
強烈なイメージが浮かび上がる、印象的な表現だよね!
上半身裸で、RIDE ON ! RIDE ON!という感じでしょうか。

H.TAMAMUSHI
まさに!CHOICEの話聞きたいな

masahiro hattori
CHOICE! まず、行くのが怖かったね(笑) 本当に危険だったんだとは思うけど、当時かなり危険な場所だと伝えられていたので。 タクシーでメンピタでしたけど。
路面店みたいな箱で。レンガで作られた倉庫?みたいなところで。
お店というより、かなり手作りな感じのパーティーみたいな感じでしたね。
公民館か、ライブハウスみたいな感じだったかな?
ラリーレバンや、フランキーナックルズなどなどがプレイしている箱ということもあって行ったのですが、その日はジョーイ・ラノスだったかな?

H.TAMAMUSHI
ジョーイラノスだったんじゃない?お土産にフライヤーもらったからね。

masahiro hattori 18:30
やっぱ、そうだよね(笑)
パーティの雰囲気の良かったですね。

H.TAMAMUSHI
雰囲気って大事だよね。伝えたくなる
CHOICE行きたかったなぁ〜 行く直前にNYのDISCOで火災かなんかがあって、その影響でクローズしてた。

masahiro hattori
いつも言ってることなんだけど、ここで始めてカウンターにとてつもなく大きなボウルに山盛りの青リンゴがあって、ブレイク入れて人とか食べてる。 僕も食べたけど、青リンゴの印象が大きく変わるほどなぜだかとてもおいしかった印象があるね。

H.TAMAMUSHI
そこらへんも雰囲気で(笑)

masahiro hattori
あと、同じくらい大きなボウルにパンチ(ソフトドリンク)をお玉で紙コップに入れて飲んだり。 リカーライセンスが確かとれていない箱だったからだとは思うけど、とても印象的だったな。
何がかかってたか大分忘れてしまったけど(笑)
今でも印象にのこってるのが、何度目かのピークを迎えた後、一段落させたフロアでリルルイスの「I Called u」

後半戦、出発という感じでうわっとまたフロアが上がって行く感じがよかったな。
「I Called U」は、延々イントロを二枚使いで引っ張っていて凄く良かった

masahiro hattori
CHOICEは確かこの写真にもでてるレコード屋のダンストラックスの近くだったよね。

H.TAMAMUSHI
そうだったんだ。
黒人度高かった?

masahiro hattori
黒人度は高かったね。真っ黒だったね。そこに少しのおしゃれな白人みたいな感じ。

H.TAMAMUSHI
ダンストラックスへは、直行して1番買ったかな。文中にあるよにお兄さんたちが親切だったよ。
12インチのビニールを破いて勝手に試聴出来ることにまず驚いたね!

masahiro hattori
僕もそんな印象があります。東京にあったDJ’CHOICEの印象に近いよね。 

H.TAMAMUSHI
そうだね。

masahiro hattori
僕は壁に飾ってあったECSTACY,PASSION&PAINのTOUCH AND GOの12インチ買いました(笑)


H.TAMAMUSHI
僕は、バイナルマニアのお兄さんに教えてもらったフリーマーケットでECSTACY,PASSION&PAINのLPを10$で買いました(笑)

masahiro hattori
ヴァイナルマニアは、レコード屋というより催事場に近いよね。DJがどんどん新しい音源目の前でかけて、それをとりまくお客たちが、気にいったらそのレコードを受け取るみたいな。
即売会だよね。

H.TAMAMUSHI
まるで競りみたいで

masahiro hattori
競りみたいだよね。気に入ったら手上げてみたいなね。

ベースラインの話もイイネ! ちょうどラスカズさんも書いてたけど、まさにベースラインなんだよね。

H.TAMAMUSHI
TEN CITY のファースト聞いてこの文章読んで納得したね。

masahiro hattori 18:57
ディボーションのことシルベスターがドクターラブを歌っている感じといいあててるね!




H.TAMAMUSHI
バイロン・スティングレー You Make Me Feel カヴァーしてるし


masahiro hattori
あこがれと、いわゆるリスペクトなんでしょうね。

H.TAMAMUSHI
次に伝えるのは誰だろう?

masahiro hattori
誰なんだろうね? 

H.TAMAMUSHI
思いつかない(笑)

Comments

Popular posts from this blog

Sound Bistro 7.12 (日)

TBSラジオ Sound Bistro 7.12 (日) 19:00〜20:55 に
服部全宏(GO PUBLIC)生放送で出演します。

                             http://www.tbsradio.jp/bistro/2015/07/7.html


7月12日の選曲テーマは、「ギフト」。
お中元シーズンの7月の日曜日に、
皆様へのギフトとなる曲を用意して、お送りします。

「Chef's Table」のゲストは、
日本音楽選曲家協会の機関誌フリーペーパー「DICTIONARY」で、
80年代より編集者としてのキャリアをスタート。
同時に、選曲家として活動開始。
湘南のコミュニティFMの番組"ラジオフリーダム"で
"GO PUBLIC 24""GPDX"というプログラムを担当する
服部全宏さんをお迎えします

レコードクリーニングとレコードジャケット展 take2

レコードクリーニングとレコードジャケット展 take2にGalloping Gourmet Nipponが、ura_jacketの展示で参加します。題してあの"ウラ"ジャケットの"オモテ"はこれ

詳細
レコードという不器用ながら味のあるメディアを愛してやまない方々へ!
昨年9月に小田原の”Guitar & Coffee まほらま"さんで1週間に渡り開催されたレコードクリーニングとレコードジャケット展がコンセプトバージョンアップして今年もやります!
4/17 月曜〜 /29 土曜 (日曜、木曜はまほらま定休日の為お休み)、ほぼ毎日午後からは超音波によるレコードクリーニング受付ております。そして今回のレコードジャケット展、テーマは「オモテとウラ」キュレーションは旧友でありFMおだわらでのRadio Freedom FM 番組内番組、GPDX24でもお世話になっているGalloping Gourmet Nipponの服部&玉虫氏!
レコードジャケットの美術が持つ魔力を斬新な視点で楽しみ尽くします。ちょっと面白いグッズの販売もありますよ!


ura_jacket gallery project 
curated by Galloping Gourmet Nippon
有名なレコードジャケットの意外と見ない、裏ジャケの世界。
メッセージや、ストリーを勝手に感じています。

ポ ストカードやポスター、絵本をならべるような感覚で、とても身近なアートワークを日常生活に。ura_jacket galleryは、アナログレコードの新しい楽しみ方です。有名なレコードジャケットとの関連や、ストーリーをもっているものなどを含め、グラフィカルな 資料性をもったアートワークとして新しい視点のひろがりをもたらします。

instagram ura_jacket
短いコメントとハッシュタグで、デイリー更新中 
tumblr ura_jacket
ひとつの作品によりクローズアップ、マンスリーで更新中

主催:レコードクリーニングタカハシ

開催期間 4/17(月)〜4/29(土)
月曜〜水曜 13:00〜19:00
金曜、土曜 13:00〜21:00
木曜、日曜 休み

入場無料
Guitar&Coffee まほらま
神奈川県 小田原市南町1−3−9



Summer In The City (Long ver.)